日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

医療機器の整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,909位 (20,719事業中)
成果物アクセス数:54
更新日 : 2022年8月13日

注目度とは?

団体名 日本海員掖済会
団体名ふりがな にほんかいいんえきさいかい
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥46,591,178
助成金額: ¥20,900,000
事業内容 以下の各病院において医療機器を整備する。

1.横浜掖済会病院(所在地:横浜市中区山田町1−2)
 「超音波診断装置」
 主に外来診察での肝臓や乳房などの穿刺検査などに使用し、外来救患(内科・外科)や放射線科の患者への、より一層の診療体制の充実を図り、微細な病変の早期発見や予防治療を行う。

2.名古屋掖済会病院(所在地:名古屋市中川区松年町4−66)
 「画像読取装置」
 近年、生活習慣病の変貌に伴い乳癌が増加傾向にあり、また、人間ドックの乳房検査の需要が増加しており、とりわけマンモグラフィは、比較的簡単に行うことができる検査であることから需要が高く、これらの検査は増加傾向にある。画像読取装置を導入し、マンモグラフィをデジタル化することにより、検査の迅速化及び精度向上を図り、乳癌等の早期発見、予防治療を行う。

3.大阪掖済会病院(所在地:大阪市西区本田2-1-10)
 「人工呼吸器」
 外来患者を含め、新生児から成人まで、循環器科の患者の救急医療機器として充実を図る。

4.神戸掖済会病院(所在地:神戸市垂水区学び丘1-21-1)
 「自動分析装置」
 救急医療の緊急検査、診察前検査や日帰り検診検査における迅速検査などのより一層の診療体制の充実を図り、微細な病変の早期発見を行う。
成果物 2008年度医療機器の整備事業 写真
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。