日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

運輸事業者に対するメンタルヘルス対策システムの開発

団体名 運輸振興協会
団体名ふりがな うんゆしんこうきょうかい
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,363,476
助成金額: ¥3,300,000
事業内容 1.メンタルヘルス対策システムの開発
 (1)実施時期:2008年4月〜7月
 (2)内容:前年度に引き続き、調査結果、検討会の検討結果等を踏まえ、メンタルヘルス対策システムの開発を継続し、完成させた。構築したシステムの利用をより効果的なものにするため、新たに携帯電話からのアクセスを可能にしたとともに、利用結果の統計データ解析プログラムを開発した。

2.検討会の開催
 (1)実施時期:2008年7月10日
 (2)内容:前年度に引き続き、学識経験者及び運輸関係団体の担当者による検討会を開催し、システムの機能確認、利用要領の作成を行うとともに、円滑な利用を図るためのPR方策、利用結果の活用について検討した。

3.PR活動
 (1)実施時期:2008年7月10日〜2009年3月
 (2)内容:構築したシステムの有効活用を図るため、関係団体の広報紙やパンフレット、協会ホームページ等を通じシステムの内容やメンタルヘルス対策の意義をPRする活動を積極的に行った。

4.運用開始
 (1)実施時期:2008年8月11日
 (2)内容:中小運輸事業に働く従業員、特に運行(運航)に携わる従業員の心の健康づくりのセルフケアを支援する、メンタルヘルス対策システムを運用開始した。
5.データ収集
 (1)実施時期:2008年8月〜2009年3月
 (2)内容:月毎に利用結果の集計を行った。
成果物  
備考