日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

子ども海辺の環境リポーター事業の実施

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,795位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:24
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 兵庫県青少年本部
団体名ふりがな ひょうごけんせいしょうねんほんぶ
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,533,456
助成金額: ¥2,800,000
事業内容 「子ども海辺の環境リポーター事業」の実施

1.リポーター基礎講座〜実践講座
 (1)開催時期:2008年6月〜12月 計5回 (1泊2日及び通信教育)
 (2)参加者:兵庫県内の小学5年生3人、6年生24人(男子14人、女子13人)
 (3)内容:活動に必要な知識・技法(写真撮影〜調査・研究方法〜まとめ)
  a.デジカメ・情報検索・海辺のライブラリー・実験・研究・リポート記事作成・光マルチシステム
  b.興味あるフィールドでリポートした。デジカメデータを編集し、リポート記事を作成、発表し、意見交換を行い専門家(大学教授等)のアドバイスを受け、自己研究のヒントや方向性を探った。
  c.自宅や学校、図書館等で研究調査し「第2回リポート」を提出、専門家の添削を受けリポートを完成した。
  d.ファシリテーターとフィールドリポート、プログラム化にむけ「第3回リポート」を完成した。
  e.ビジュアルな「プログラム」を完成、実践活用するためのプレゼン方法を検討した。
2.「海辺の環境学習プログラム発表大会(ミニ学会)」開催
 (1)開催時期:2009年3月21日
 (2)内容:専門家を前に子どもたちがプログラムを発表した。光マルチシステムを使い、ビジュアルに発表し、専門家から今後の研究実施活動へのコメントをもらい、優秀なプログラムを表彰した。
 (3)参加者:小学生、保護者、学校関係者、専門家、地元自治会、漁業協同組合、県・市議会議員、県・市関係機関 約150名
3.ホームページでの全国発信
 「海辺の環境学習プログラム」のコーナーをホームページに新設し、子ども達が構築したプログラムを全国へ発信した。
成果物 2008年度 子ども海辺の環境リポーター事業報告書
備考