日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海賊対策の普及啓発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,582位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:73
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,065,801
助成金額: ¥4,852,000
事業内容 マラッカ・シンガポール海峡やインドネシア海域など海賊事件が多発する地域の安全確保体制の構築を促進するため、海賊対策に係る人材育成・情報支援・連携強化を図るセミナーを行った。
1.開催地:タイ(レムチャバン・2008年11月24日〜26日)、インドネシア(ジャカルタ・2008年12月2日〜4日)、フィリピン(マニラ・2009年2月17日〜19日)、
2.セミナーのスケジュール(2泊3日)
1日目:東南アジアにおける海賊・海上武装強盗の現況及び対策、事案発生時の対策、制圧手法などに関する講義
2日目:制圧実地訓練
3日目:机上訓練、課題研究発表会
3.実施場所
3ヵ国の主要港に着岸中あるいは沖合いの海保巡視船内
4.受講生
タイ:海上警察、海軍、海事局 計9名
インドネシア:海上保安調整会議、海運総局、海上警察 計9名
フィリピン:コーストガード 12名
成果物 平成20年度海賊対策の普及啓発事業実施報告書
備考