日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

近畿圏におけるバリアフリー設備の整備状況調査等

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:8,115位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:64
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 関西交通経済研究センター
団体名ふりがな かんさいこうつうけいざいけんきゅうせんたー
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,385,763
助成金額: ¥5,051,000
事業内容 バリアフリー新法に基づき各自治体で整備されたバリアフリー設備の整備状況調査を以下のとおり行った。
1.各自治体の基本構想策定後のバリアフリー設備等の整備状況アンケート調査
(1)実施時期 2007年8月15日〜29日
(2)対象 自治体、駅舎等に関連する鉄道事業者、乗合バス事業者
(3)アンケート数 55自治体 23鉄道事業者 31乗合バス事業者

2.整備済み施設に対する意見聴取
(1)実施時期 2007年10月24日〜12月19日
(2)対象 自治体、鉄道事業者、乗合バス事業者、身体障害者団体、高齢者団体

3.今後策定の基本構想に反映できるスパイラル・アップのための対策の検討
(1)基本構想策定の果たす意義
(2)これからの課題
(3)基本構想策定事例の整理
(4)基本構想策定によるまちづくりへの提言

4.委員会の開催 年4回

5.事業成果の周知
(1)題名 高齢者、障害者等の移動等の円滑化を促進させるための基本構想評価調査
(2)規格 A4版 146p 500部 
成果物 高齢者、障害者等の移動等の円滑化を促進させるための基本構想評価調査報告書
備考