日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

医療機器等の整備

団体名 日本海員掖済会
団体名ふりがな にほんかいいんえきさいかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥46,762,320
助成金額: ¥20,700,000
事業内容 以下の各病院において医療機器等を整備した。

1.小樽掖済会病院(所在地:小樽市色内1-10-7)
 「生体情報モニターシステム」
 重症患者・術後患者の経過観察が可能であり、病棟のほかに外来救急(内科・外科・整形)放射線科に設置し、より一層診療体制の充実を図った。

2.名古屋掖済会病院(所在地:名古屋市中川区松年町4-66)
 「心電図解析マネージメントシステム」
 生活習慣の変遷に伴い不整脈や心筋梗塞などの心臓患者は増加傾向にある。とりわけ動脈硬化を起因とする急性冠症候群において体を傷つけることなく心臓疾患を検査できることから、需要が高く、薬物治療やカテーテル治療などに結びつけるために有効な本機器を整備した。

3.日本海員掖済会長崎病院(所在地:長崎市樺島町5-16)
 「糖尿病検査項目自動分析装置」
 血液中のヘモグロビンA1c、グルコース、アルブミンを短時間で測定する装置で、糖尿病患者において必要不可欠な機器である。現在この検査項目の一部を外部委託しており、整備したことにより検査当日に結果報告を行うことが可能となり、よりよい正確な診療を提供することができるようになった。

4.日本海員掖済会門司病院(所在地:北九州市門司区清滝1-3-1)
 「患者搬送用車両」
 人工透析の患者が多く、重度の患者、移動困難な患者及び高齢者等の比率が高いことから、これらの患者を搬送する機会が多いため、新規に購入した。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。