日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海の自然観察会を基盤とする沿岸環境の保全

団体名 東京大学
団体名ふりがな とうきょうだいがく
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,931,746
助成金額: ¥4,700,000
事業内容 1.自然観察会および木造和船による海と船に親しむ活動
(1)開催時期:2007年6月16日、2007年8月2日
(2)内容:沿岸生物の生態について講義するとともに磯採集を行い、生物を観察した。
(3)講師およびスタッフ:臨海実験所教職員、日本動物分類学会会員
(4)参加者:神奈川県内ほか関東首都圏の小・中学生、教員、保護者等(合計52名)

2.生物相の定点観測の実施
(1)開催時期:2007年4月1日〜2008年3月/各観測地点について毎月1回実施
(2)内容:三浦市内および逗子市内の高校生、教員が主体となり、相模湾沿岸
(3)参加団体:東京大学臨海実験所、県立三浦臨海高校、県立逗子高校

3.実習船を利用した沿岸海域調査の実施
(1)開催時期:2007年8月7日、2007年8月24日
(2)内容:実習船「臨海丸」に乗船して油壺湾周辺の地形を観察するとともに、海洋に生息する生物の採集調査(プランクトンネットおよびドレッジ)を行った。採集した生物は臨海実験所に持ち帰り、参加者は東京大学の教員による講義を受けるとともに、生物の生態を観察した。
(3)参加者:神奈川県内ほか関東首都圏の小・中学生、教員、保護者等(合計54名)

4.生物データベースの構築と生物写真データ集の公開
これまでの事業で収集した生物データをもとにし、「相模湾生物データベース」を作成した。このデータベースに登録された生物の種数は400種を超えた。また、データベースから、磯の観察会で見られる生き物の画像とそれらの基本情報を載せた冊子を7,000部作成した。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。