日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

地域資源の活用による地域ブランドの創出と地域活性化に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,097位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:227
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 地方自治研究機構
団体名ふりがな ちほうじちけんきゅうきこう
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,491,920
助成金額: ¥4,544,000
事業内容 本研究の目的を達成するため、以下の6項目について調査・分析・検討等を実施。

1.紀の川市の地域特性と活用可能な資源
市の人口、自然、産業等の特性、新旧市町の産業振興、地域活性化の取組状況、現在活用されている資源など、文献調査及び聴取調査等により、新市の地域イメージと活用可能な資源の基礎情報を整理

2.地域イメージ、地域資源に係る意識と行動の把握
市民へのアンケート調査及び聴取調査等により、新市の地域イメージを想起する資源等の現状と、望ましい将来像などを把握

3.地域の資源やサービスの特性と消費動向
域内の主要な観光交流施設において、アンケート調査及び聴取調査を実施し、地域イメージや評価・購入している(したい)商品・サービスなど、消費者の立場からの市のイメージや資源に対する評価とニーズを把握

4.先行事例の把握
地理的条件や産業構造など本市に類似する特性を有し、地域ブランド戦略を推進する団体の事例調査を実施し、導入経緯、実施手順、課題と解決方策、成功要因分析等を行い、市の取組の示唆を得る。

5.地域ブランド構築に向けての課題と展開方向の検討
1〜4を踏まえ、望ましい地域イメージと資源活用を関連させた市の地域ブランドのコンセプトならびに付加価値の高い商品・サービスのあり方、実現に向けての課題、望ましい展開方向について調査・検討

6.地域ブランド創出に向けての推進方策の検討
地域ブランドの創出に向けて、必要な環境整備及び行政支援のあり方を検討するとともに、主要な方策のスケジュールを提示
成果物 地域資源の活用による地域ブランドの創出と地域活性化に関する研究
備考