日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

安全管理者選任時研修の実施

団体名 日本造船協力事業者団体連合会
団体名ふりがな にほんぞうせんきょうりょくじぎょうしゃだんたいれんごうかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,881,460
助成金額: ¥2,305,000
事業内容 労働安全衛生規則第10条第1項各号の業務のうち安全に係る技術的事項を管理するのに必要な知識についての研修を行なった。また、厚生労働大臣が定めた科目・時間数を満たす合計9時間の「安全管理者選任時研修」を実施し、修了したものに対し修了証を交付した。以上の研修を計4ヶ所363名に対し実施した。

《開催日・場所・講師・受講者数》
1.横浜会場(2007/04/25〜26 IHIゲストハウス 鈴木満氏 95名)
2.博多会場(2007/05/31〜06/01 福岡朝日ビル 岩崎喜久男氏 72名)
3.広島会場(2007/06/14〜15 広島ダイヤモンドホテル 岩崎喜久男氏 98名)
4.神戸会場(2007/06/25〜26 神戸国際会議場 鈴木満氏 98名)

《受講者》
日造協会員企業、賛助会員企業、中小造船企業、造船関連企業、地方自治体、郵政公社他 合計363名

《定められた研修科目と履修時間》
1.安全管理 3時間
2.事業場における安全衛生の水準の向上を図ることを目的として事業者が一連の過程を定めて行う自主的活動(危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置を含む。)3時間
3.安全教育  1.5時間
4.関係法令  1.5時間
合計 9時間 (2日間)
※講師は、厚生労働大臣指定の講師資格を有する者があたった。

《労働局への実施報告》
上記4会場で実施した研修を都道府県労働局労働基準部安全主務課に、2007/07/29付けで報告書を提出し受理された。
成果物  
備考