日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

農山村地域におけるムラ機能の維持・保全に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,371位 (19,256事業中)
成果物アクセス数:351
更新日 : 2019年8月17日

注目度とは?

団体名 地方自治研究機構
団体名ふりがな ちほうじちけんきゅうきこう
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,610,617
助成金額: ¥3,927,000
事業内容 本研究の目的を達成するため、以下の4項目について、調査・分析・検討等を実施。

1.小国町及び町内各集落の現況・資源の把握
 地元住民、関係機関、有識者、行政担当者等へのヒアリング、文献及び現地踏査等により、対象地域の現況・地域資源の把握を行った。

2.小規模集落の自立、ムラ機能の維持・保全に関する先行事例
 自立する農山村経営、ムラ機能の維持・保全を基本とした地域間連携等の事例について、文献調査により主要な事例を整理・抽出し、現地視察調査を行った。

3.「人・土地・ムラ」の空洞化を踏まえた新しいまちづくりの方向性の検討
 コミュニティ、相互扶助、景観、生活環境、地域産業維持のための多様な担い手の確保や維持母体についての課題抽出、意向把握を行い、環境の変化に対応した新しいまちづくりの方向性について検討を行った。

4.新しい集落機能の創出方策
 1. 〜3. を踏まえ、集落の再編ではなく、現行の各集落が地域間連携等により、新しい集落機能を創出し、自立して維持・存続が出来る総合的なまちづくりの手法について提言を行った。
成果物 農山村地域におけるムラ機能の維持・保全に関する研究報告書
備考