日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

住民本位の地域情報化の進め方に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,856位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:517
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 地方自治研究機構
団体名ふりがな ちほうじちけんきゅうきこう
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,751,677
助成金額: ¥6,826,000
事業内容 本研究の目的を達成するため、以下の4項目について、調査・分析・検討等を実施。

1.庁内情報化の現状の把握
 庁内の窓口部門等に対して、市民向けサービスの電子化に関するニーズや問題点を把握するためのアンケートを行った。

2.地域の情報化に係る市民意向の把握 
 朝来市の住民に対して、地域の情報インフラ整備や、電子申請・電子会議等の情報通信を利用した新しい行政サービスの利用意向を把握するためのアンケートを行った。

3.地域情報化に関する先進事例の把握
 朝来市と類似した地域特性をもつ自治体500団体程度をアンケート対象とし、結果から数箇所の先進事例を抽出し、訪問調査を実施した。

4.情報化推進体制の構築についての検討
 2007年度以降に本格的な情報化推進体制を構築していくために、庁内ワーキンググループを設置し、人員や対象事務等の具体的な検討、及び地域情報化計画の骨子のイメージについての検討を行った。
成果物 住民本位の地域情報化の進め方に関する研究
備考