日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

沈廃小型船舶処理促進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,730位 (19,233事業中)
成果物アクセス数:1,929
更新日 : 2019年7月20日

注目度とは?

団体名 日本舟艇工業会
団体名ふりがな にっぽんしゅうていこうぎょうかい
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥22,202,160
助成金額: ¥22,200,000
事業内容 地方自治体が簡易代執行等に基づき行う下記の事業に要する費用の内、費用求償ができない所有者不明船に係る費用について、地域廃船処理協議会において「沈廃小型船舶処理促進事業」としての認定を受けたものに限り、当該地方自治体に対して助成を行った。
1.募集対象地域:西日本19府県
2.実施内容:
(1)対象事業費及び上限は以下の通りとして助成を行った。但し、重点水域においては「一掃スキーム」と称して対象地域を西日本29府県に拡大した上、各事業費の上限を通常より引き上げて助成した。
a.沈船の引き上げ 通常50%・一掃スキーム65%、但し100万円/1隻を上限
b.放置船舶の移動 通常50%・一掃スキーム65%、但し10万円/1隻を上限
c.再放置防止措置 通常50%(一掃スキームは日本舟艇工業会が100%負担)
d.リサイクル費  通常25%・一掃スキーム33%
(2)実績:
a.17府県において525隻の不法投棄船を処理した。
b.一掃スキーム適用水域
山口県光市象鼻ケ岬 12隻
愛知県弥冨市鍋田川 76隻
成果物 2005年度「放置小型船舶処理促進事業」報告書
横田港(広島県)における「放置型船舶処理促進事業」一掃スキーム実施に関する報告書
備考