日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

医療機器の整備

団体名 日本海員掖済会
団体名ふりがな にほんかいいんえきさいかい
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥30,849,000
助成金額: ¥13,700,000
事業内容 以下の各病院において医療機器を整備した。

1.小樽掖済会病院(所在地:北海道小樽市色内1-10-7)
 ダブルバルーン方式小腸用スコープ
 ダブルバルーン(風船)方式小腸用スコープを操作することで、これまで不可能であった小腸全域の検査を可能にしたものであり、小樽市には消化器を専門的に行う病院が皆無であるので、当院においては、今回の小腸内視鏡を整備し、当院の消化器科を充実させた。

2.宮城利府掖済会病院(所在地:宮城県宮城郡利府町森郷字新太子堂51)
 多目的フルデジタル透視撮影装置
 透視撮影台を用いて、起倒、スライドなどの操作により、被験者の体位変換と位置決めをしながら透視や撮影を行うものであり、消化管検査・アンギオ検査等幅広い対応が可能な機器で、外来診療及び健康診断等で頻繁に使用されている。

3.日本海員掖済会 長崎病院(所在地:長崎県長崎市樺島町5-16)
 血圧脈波検査システム
 動脈の血管壁の硬さ(動脈硬化)を測定する機器であり、動脈硬化や閉塞性動脈硬化症の早期発見、早期治療に欠かせない機器となっている。
成果物 医療機器写真
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。