日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

アフリカにおける失明予防プログラムの推進 (Enhancing Community Directed Treatment with Ivermectin)

団体名 Helen Keller International, Incorporated (ヘレンケラーインターナショナル)
団体名ふりがな へれんけらー いんたーなしょなる いんこーぽれいてっど
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥141,157,222
助成金額: ¥52,434,000
事業内容 1.カメルーン
(1)治療薬(イベルメクチン)配布メカニズムCDTI(Community-Directed Treatment with Ivermectin)の未配布農村部への拡大。
(2)IEC(Information/Education/Communication)活動の強化・拡大。
(3)ヘルスワーカー、薬剤配給者への訓練と指導。
(4)感染状況のモニタリング。
(5)CDTIの仕組みを利用したビタミンA、鉄分、葉酸配布のトレーニングを実施。
(6)オンコセルカ症対策関係諸団体への協力と助言。
2.コートジボワール
(1)CDTIの強化、拡大。(2002年9月に起きた内戦によって滞っていたプログラムの強化。2004年12月よりCDTIプログラムは再開)
(2)IEC活動の強化。
(3)ヘルスワーカー、薬剤配給者への訓練の実施。
(4)プログラム遂行状況のモニタリング、評価。
(5)CDTIの仕組みを利用したリンパ管フィラリア症、住血吸虫症抑制対策のパイロットプロジェクトの実施。
(6)オンコセルカ症対策関係諸団体への協力と助言。
3.ナイジェリア
(1)CDTIの実施。
(2)ヘルスワーカー、薬剤配給者への訓練と指導。
(3)IEC活動の強化。
(4)プログラム遂行状況のモニタリング、評価。
(5)CDTIの仕組みを利用したビタミンA、鉄分、葉酸配布のトレーニングを実施。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。