日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船業に係る石綿取扱作業従事者特別教育の実施

団体名 日本造船協力事業者団体連合会
団体名ふりがな にほんぞうせんきょうりょくじぎょうしゃだんたいれんごうかい
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,943,629
助成金額: ¥1,554,000
事業内容 (社)日本造船協力事業者団体連合会の会員企業をはじめとする関係者に、石綿の有害性、石綿粉じんを発散させないための作業方法、保護具の使用方法などを習得してもらうことを目的として、以下のとおり石綿取扱い作業従事者特別教育を実施した。

1.実施規模
 (1)開催箇所/開催日)
  ・室蘭(エンルムマリーナ室蘭/10月28日)
  ・横浜(IHI横浜事業所ゲストハウス/11月4日)
  ・岡山(メルパルク岡山/11月21日)
  ・小倉(北九州国際会議場/11月25日)
 (2)合計受講者数:299名(うち修了者数287名)

2.教育内容
 (1)石綿の有害性 0.5時間
  石綿の性状
  石綿による疾病の病理及び症状
 (2)石綿等の使用状況 1時間
  石綿を含有する製品の種類及び用途事前調査の方法
 (3)石綿等の粉じんの発散を抑制するための措置 1時間
  建築物又は工作物の解体等の作業の方法
  湿潤化の方法
  作業場所の隔離の方法
  その他石綿等の粉じんの発散を抑制するための措置について必要な事項
 (4)保護具の使用方法 0.5時間
  保護具の種類、性能、使用方法及び管理
 (5)その他石綿等のばく露防止に関し必要な事項 1時間
  労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令、労働安全衛生規則及び石綿障
  害予防規則中の関係条項
  石綿等による健康障害を防止するため当該業務について必要な事項
 合計 4時間
成果物 石綿特別教育実施 写真
石綿使用建築物等解体等業務特別教育修了証 写真
石綿障害予防規則に基づく特別教育実施要領
備考