日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

医療機器の整備

団体名 日本海員掖済会
団体名ふりがな にほんかいいんえきさいかい
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額
事業費総額: ¥90,910,550
助成金額: ¥20,200,000
事業内容 次の病院において各医療機器の整備を行った。

1.日本海員掖済会 門司病院(住所 北九州市門司区清滝1-3-1)
多目的IVR支援デジタルテーブル
 透視撮影台を用いて、起倒、スライドなどの操作により、被検者の体位変換
と位置決めを行いながら、透視や撮影を行う装置(断層撮影機能付き)であ り、消化管などの透視・撮影を行い疾病の早期診断と併せて予防治療を行  う。
2.神戸掖済会病院(住所 神戸市垂水区学が丘1-21-1)
超音波診断装置
生体内臓器の形態、病変をより観察することができるほか、抹消血管や深い
部位の血行の状態も同時に観察可能な装置であり、デジタル化により高速で
微細な病変を発見することができ疾病の早期診断と併せて予防治療を行う。
3.宮城利府掖済会病院(住所 宮城県宮城郡利府町森郷字新太子堂51)
ポータブル超音波診断装置
生体内臓器の形態、病変をより観察することができるほか、末梢血管や深い
部位の血行の状態も同時に観察可能な装置であり、デジタル化により高速で
微細な病変を発見することができ疾病の早期診断と併せて予防治療を行う。
携帯用であるため場所を選ばず検査が可能である。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。