日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

医療機器の整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,356位 (20,944事業中)
成果物アクセス数:208
更新日 : 2023年2月4日

注目度とは?

団体名 日本海員掖済会
団体名ふりがな にほんかいいんえきさいかい
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥105,000,000
助成金額: ¥33,600,000
事業内容 近年の高齢化社会や食生活の欧米化による動物性脂肪の摂取過剰により、心血管障害が増加している状態を踏まえ、その診断や治療に必要な医療機器の整備を行った。

1.場 所 :大阪掖済会病院(大阪府大阪市西区本田2-1-10)
2.整備機器:血管撮影装置
3.内 容 :
  血管撮影装置は、従来より狭心症や心筋梗塞等の虚血性心疾患の確定診断
  及び治療には必要不可欠なものだった。、最近では、より精密な情報を
  要求され、更には医療の急運な発展に伴いカテーテルを使用した治療法で
  ある血管形成術、塞栓術、抗がん剤注入の分野に適応が拡大されている。
  このような高度な診断、治療には迅速かつ安全に制限なく検査アームの角
  度を設定し、微細な血管を任意の方向から透視、撮影ができ、瞬時に画像
  が表示できる機能を持った血管撮影装置が必要である。
  このため、同院では被験者をなるべく動かさずに任意の撮影ボジションを
  可能にする検査アームを有し、細い血管内カテーテルが明瞭に観察できる
  高解度のデジタルシステムの本装置を整備し、患者の的確かつ鮮明な画像
  データを医師に提供する機器の整備を行った。
成果物 事業成果物の概要(医療機器整備に関する概要)
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。