日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

物質の危険性評価のための試験方法及び判定基準に関する調査研究

団体名 日本海事検定協会
団体名ふりがな にっぽんかいじけんていきょうかい
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,754,783
助成金額: ¥8,603,000
事業内容 1.密閉式圧力容器試験(MCPVT)の研究
(1)データの取り込み、解析条件ソフトの標準化
(2)国連ラウンドロビン対象物質を入手し、標準条件による試験実施・デー   タ収集
(3)既存国連勧告試験方法によるデータとの相関関係の検討
(4)試験による評価判定基準の策定
2.自己反応性物質及び有機過酸化物の国連勧告試験方法及び判定基準のスク
  リーニング化に関する研究
(1)爆燃性試験と爆燃爆轟伝播性の評価法に関するスクリーニング試験方法
   検討
(2)MCPVT試験方法の判定スキームへの取り入れ検討
(3)スクリーニング試験方法に基く国連勧告輸送要件判定スキーム作成
3.自己反応性物質及び有機過酸化物の分類フローチャートのスクリーニング
  化
(1)示査走査熱量測定における補正係数の策定
(2)示査走査熱量測定試験方法による試験基準の策定
(3)理論係数、試験結果・既定判断基準よりタイプ別分類スキームの判定基
   準策定
4.煙火の分類及び試験方法の研究
(1)国連勧告試験方法に準拠した簡易試験方法の開発
(2)容易な煙火危険区分の判定基準策定
(3)大量爆発のメカニズム究明、殉爆防止対策の検討
(4)非試験により危険性を評価するデフォルト分類法の基準策定
5.報告書の作成
仕様 A4版 約148頁 70部
成果物  
備考