日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

巡視船艇用操船シミュレーターの整備

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥690,000,000
助成金額: ¥690,000,000
事業内容 近年の海上保安業務の多様化に伴い、巡視船艇操船技術の一層の高度化が要求されている。海上保安官の技能の向上を図り、我が国周辺海域の安全の確保等に寄与するため、海上保安大学校敷地内に操船等シミュレーターを導入した訓練棟を建設した。

1.シミュレーションセンターの建造
(1)訓練棟
  a. 建設場所:広島県呉市若葉町5-1 海上保安大学構内
  b. 面  積:延床面積636平方メートル
  c. 構  造:鉄筋コンクリート造り2階建て 暖冷房設備付

(2)シミュレーター本体
  a.第1船橋:円筒型スクリーン(縦6m、長さ27.5m、半径6.5m、水平
    視野245度、垂直視野角60度)、航海コンソール、ARPAレーダー、
    警備救難情報表示装置、操舵スタンド、方位センサー付双眼鏡型
    表示装置
  b.第2船橋:大型プラズマディスプレイ4台、航海コンソール、
    ARPAレーダ
  c.その他:模擬砲塔、教官コンソール、各種通信装置、データ編集装置

(3)シミュレーターの用途
  BRM(Bridge Resource Management)訓練、海上保安業務訓練(射撃・強行接舷等)、操船訓練、データ編集装置

2.海上保安シミュレーションセンター(リーフレット)5,000部作成
成果物  
備考