日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

不登校生の進路相談情報センターの確立

団体名 日本青少年育成協会
団体名ふりがな にほんせいしょうねんいくせいきょうかい
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,694,533
助成金額: ¥7,755,000
事業内容 1.不登校相談センターの設置
 相談員やボランティアの活動拠点となる情報センターを設置する。
 (1)地域:東京・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄(6ヶ所)
 (2)場所:主に本部・支部に併設。2ヶ所は賃貸借とした。

2.ボランティアの育成
 (1)メンタルフレンド・ボランティア(相談員・訪問ボランティア)、
   カウンセラー
  a)対象:教育学部の学生・教員免許保有未採用者・教員引退者などを中心
      に不登校経験のない者、
      カウンセリングの資格を有するものでカウンセラーとして独立を
      希望する者
  b)内容:募集(505名)−アンケート(応募目的や経歴について。
有効回答者数244名)−研修(2泊3日。205名参加)−フォロー
研修(30名参加)

3.不登校生受入機関の調査
 情報センターで提供する不登校受入機関の情報を把握するため情報センター
 設置地域を中心に訪問調査を実施する。
 (1)実施方法:a)アンケート調査 750件
        b)訪問調査    105件
         相談ボランティア40名が2人1組で1〜12ヶ所訪問。
        c)調査結果の集計と分析
        d)報告書     1500部
 (2)調査内容:不登校生受入機関の実態(対象年齢/活動形態/費用/定員/
        受入対象分野等)
 (3)学識経験者・専門家9名による委員会を設置し、調査項目・基準を策定
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。