日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

危険物の海上輸送時の事故対応策の研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,426位 (19,258事業中)
成果物アクセス数:3,089
更新日 : 2019年8月24日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥37,300,000
助成金額: ¥29,800,000
事業内容 1.マシ海峡HNS海上輸送実態調査
船舶の動静等に関する既存の有償データを収集・解析し、、マシ海峡を通過するHNS輸送船の動静データを新たに構築、これをもとにマシ海峡におけるHNS輸送船を取り巻く航行環境の実態を明らかにした。
また、既存資料・文検討を収集・整理し、さらに、上記データベースを解析・整理することなどにより、マシ海峡におけるHNSの海上の荷動きを推定した。これらの概要をデータベース案(和・英文)として取りまとめた。
2.HNS物理・化学的特性調査
昨年度調査では対象外であったHNSの中から、新たに数十種を追加抽出し、その物理・化学的特性について、既存資料・文献・データベース等をもとに整理した。これらの概要を、データベース案(和・英文)として取りまとめた。
3.HNS標準防除手法調査
今年度抽出した数十種のHNSの標準的な防除手法に関し、各国の既存情報を収集・整理するとともに、我が国でとるべき具体的手法について懸賞・検討を行った。さらに本件に関し、昨年度調査において、課題として積み残された調査項目等についても、継続して調査を行った。これらの概要をデータベース案(和・英文)として取りまとめた。62種
4.HNS海上流出事故対応データベースへの情報の付加・公開
5.課題の抽出
6.報告書の作成
成果物 危険物の海上輸送時の事故対応策の研究報告書(その1)
危険物の海上輸送時の事故対応策の研究報告書(その2)
備考