日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難救助業務能力向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:606位 (19,216事業中)
成果物アクセス数:12,396
更新日 : 2019年6月22日

注目度とは?

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,697,342
助成金額: ¥2,962,000
事業内容 海上保安庁特殊救難隊員を重点として調査を行った。
1.フィジカルフィットネス
隊員のフィジカルコンディションに対して、体力管理法、業務上問題となる蓄積疲労等について多角面から調査研究。健康週間の要改善、年刊200数十種及ぶトレーニングの実施による総合的なフィジカルフィットネスの維持のための心身の酷使による向上策においても蓄積疲労の程度は少ない、経験則の重要性等について提言。
2.メンタルへルスマネジメント
隊員の厳しいトレーニング、救助活動による、いらいら、不安等のストレスに対し、構造化されたストレスマネジメントプログラムを実践することにより、短時間で簡単に実施可能なリラクゼーション法の実施により対処することを提言。
3.混合ガス潜水
空気以外のガスを呼吸する潜水法による、水中における人体負荷の軽減と潜水能力の効率性について調査研究。
成果物 海難救助業務能力向上に関する調査研究 ?海上危険業務従事者の安全管理のために? 報告書
備考