日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

大阪圏における新たな高速交通体系のあり方に関する調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:555位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:13,701
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 関西交通経済研究センター
団体名ふりがな かんさいこうつうけいざいけんきゅうせんたー
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,495,431
助成金額: ¥9,196,000
事業内容 1.運輸政策審議会答申第10号の検証
運輸政策審議会答申第10号のフォローアップを行うことにより、答申において目指した整備課題の評価並びに答申未整備路線など残された課題についての整理。
2.近畿圏における鉄道を中心とする交通の現状
本調査における今後の交通のあり方を考える上での前提として、社会経済状況の把握、鉄道、バス、自動車の各交通機関の需要動向や施設整備の状況などを整理した。また、国民の交通に対するニーズの変化や価値観の変化、社会情勢の変化などが交通需要に与える影響についての整理をおこなった。
3.今後の近畿圏における鉄道整備の基本的な方向性
各広域計画上位計画に定められた近畿圏の今後の社会資本整備の位置付け、ならびに関係自治体の認識、さらに地球環境問題への対応など社会情勢の変化をふまえ、今後の近畿圏における鉄道整備の基本的な方向性についてとりまとめた。
成果物 近畿圏における高速鉄道を中心とする新たな交通のあり方に関する調査報告書
備考