日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海上退船システムの荒天時性能確認等に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,552位 (19,203事業中)
成果物アクセス数:2,565
更新日 : 2019年6月15日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,418,917
助成金額: ¥6,709,000
事業内容 (1)荒天時性能試験に供する供試体、使用船舶、試験海域、気象・海
象条件、作業手順、安全対策等に関して、委員会・作業部会におい
て審議、波浪水槽等において予備実験を実施し、IMOの勧告を遵
守した安全な試験方策を策定した。
(2)我が国メーカーが製造した2タイプ(スパイラル式、ジグザグ
式)の「退船システム」について、実海域でIMO決議で定められ
た条件下で荒天時性能試験を実施し、性能を確認するとともに各種
データを入手した。
(3)荒天時性能試験に併せて、船員等に対する「退船システム」の的確な
操作方法の周知啓蒙のためのデータ画像を入手した。
(4) 荒天時性能試験の実施に伴い入手した各種データを委員会で検討
し、「退船システム」の性能向上のための基礎資料を作成した。
(5) 委員会において荒天時性能試験の成果等を取りまとめ、報告書を
作成・配布した。
成果物 海上退船システムの荒天時性能確認等に関する調査研究報告書
備考