日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:132位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:81,593
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 交通エコロジー・モビリティ財団
団体名ふりがな こうつうえころじーもびりてぃざいだん
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥59,323,915
助成金額: ¥57,544,000
事業内容 @高齢者・障害者の海上移動に関する調査研究
 a.国内調査:愛知県(中島、睦月島、安居島)、山形県(飛
島)、長崎県(五島:久賀島、椛島)
 b.調査内容:海上交通の現況把握、実地調査、海上交通における
高齢者・障害者等の移動のあり方を策定
A欧米主要国における高齢者・障害者の移動に関する調査
 a.国内調査:北九州、小倉、博多
 b.海外調査:イギリス、デンマーク、スウェーデン
 c.調査内容:北欧における高齢者・障害者の交通アクシビリティ
に関する政策及び運用の仕組みに関する調査
Bバリアフリー度評価基準作成のための調査研究
 a.特別調査駅:9ターミナル、調査員としてインターネットで公
募、評価委員会委員、障害者等
 b.一般調査駅:38ターミナル、調査員として障害者等
 c.調査内容:移動のしやすさ、案内の分かりやすさ、設備の使い
やすさ
C案内用図記号の統一化と交通観光施設等への導入
 a.調査内容:図記号原案の作成、理解度・視認性調査、図記号原
案の補正、標準案内用図記号の策定と公表
成果物 欧米主要国における高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査報告書
公共交通ターミナルバリアフリー度評価報告書
高齢者・障害者等の海上移動における問題点に関する調査研究調査報告書
旅客船バリアフリー?設計マニュアル
案内用図記号の統一化と交通、観光施設等への導入に関する調査報告書
備考