日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥249,200,000
助成金額: ¥249,200,000
事業内容 (1)一般事業
@運輸省の港湾審議会に提出される港湾計画について事前審議を行った。/A海外駐在員をロンドンに常駐させ、IMOにおける国際動向等について情報・資料の収集を行い、わが国代表を補佐した。
Bマラッカ・シンガポール海峡における航行安全等のための国際協力及び情報収集事業
a.情報収集
・沿岸国に関する重要情報の収集した。・継続的に沿岸国を訪問し、情報収集、情報交換を行うとともに、協力関係の構築に努めた。・マ・シ海峡の安全に影響を及ぼす恐れのある開発計画等の把握に努め、必要な調査を行った。・海賊問題、マ・シ海峡国際管理問題、マリン・エレクトリック・ハイウェーその他我が国に関係する国際的重要課題に対して、IMB海賊情報センター及び関係国から、また各種会議に参加しての情報収集を行った。
b.情報交換
・沿岸国政府関係者を招聘して、「マ・シ海峡安全連絡会議」を開催、マ・シ海峡の航行安全に係る意見交換、意見調整を行い、協力環境の整備を図った・在シンガポール邦人海事関係企業等を対象として、「マリタイム・セイフティ・フォーラム」を開催し、情報交換を行うとともに、現地法人間での協力体制の強化を図った。
c.調査研究
・ENC(電子海図)ワークショップを開催し、マ・シ海峡ENCの早期刊行に寄与するとともに、沿岸国の共同研究体制の基礎を構築した。・マラッカ・シンガポール海峡における海難の実態、同海峡の通航船舶の実態を分析し、同海峡の航行安全対策に寄与した。等
(2)受託事業
成果物  
備考