日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

日本沿岸域船舶航行環境調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:473位 (19,185事業中)
成果物アクセス数:15,901
更新日 : 2019年5月25日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,323,401
助成金額: ¥8,258,000
事業内容 @ 航跡図の作成
1997年1月1日から同年12月31日までの間に、我が国周辺海域を通過した外航船舶の航跡を、以下の通り、諸データの解析並びに海・気象の季節変化等に伴う使用航路の予測等を行うことにより考察し航跡図の形で整理した。
a わが国の領海もしくはEEZを通過する可能性のあるすべての外航船舶に関し、その仕出港または仕向港となり得る諸外国港を海技ノウハウをもとに特定した。
b 世界の海域を適宜ゾーンに分類し、当該諸外国港がどのゾーンに属するのかを整理した。
c 特定した諸外国港及びその港が属するゾーンに係る船舶の出入港データ等を、英国ロイズの持つグローバルなデータバンク(世界の港湾情報、世界の船舶動静情報、世界の船舶主要目情報)の中から適宜抽出し、互いのデータを相互リンクさせ、新たなデータベース(統合動静データベース)を構築した。
d 同データをもとに、電算機解析を行い、概略航跡図を作成した。
e わが国周辺海域における海・気象の季節変化等に伴う、船種・大きさ等ごとの使用航路の変動状況について、海事知識及び文献・資料をもとに予測を行い、概略航跡図に修正を施し完成図とした。
A 航行環境の整理・取りまとめ
これらのデータベース及び航跡図をもとに、以下のとおり、外航船舶に係る我が国周辺海域での航行環境を分析した。
a 我が国周辺の各海域ごとの外航船舶に関する、船種、船齢、大きさ等についての一般的特性/b 我が国周辺の各海域ごとの外航船舶の航跡密度分布に関する一般的特性/c その他我が国周辺各海域ごとに見出される外航船舶に関する航行環境特性
成果物 日本沿岸域船舶航行環境調査報告書
備考