日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難救助業務能力向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,814位 (19,203事業中)
成果物アクセス数:1,674
更新日 : 2019年6月15日

注目度とは?

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,158,398
助成金額: ¥2,495,000
事業内容 (1)メンタルプランニング
海上保安庁特殊救難隊員や民間サルベージダイバーの日常生活慣習に関すること、精神健康に関すること等についてアンケート調査を、特種救難隊員については、年3回、サルベージダイバーについては、年1回実施し、統計処理、調査結果の評価、マンタルヘルス目標の設定、ストレスに関する対処法及び安全管理に関する方針の策定作業を行い、各種収集データの評価検討を行う。
(2)フィジカルプランニング
下記データを収集して検査データを統計的に処理し、データの評価、体力トレーニングプラン及び栄養指導等の体力管理等の方針を策定した。
ア.基礎体力  敏捷性、瞬発力、柔軟性
イ.筋力能力  最大負荷筋力測定
ウ.心肺昨日  最大酸素摂取量測定
エ.身体組織  体脂肪率等の測定
オ.血液検査  CPK値(ストレス)乳酸値(疲労回復度)
カ.栄養調査  食習慣に関する調査
上記、各種収集データの評価検討を行った。
成果物 海難救助業務能力向上に関する調査研究?海上危険業務従事者の安全管理のために? 報告書
備考