日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,647位 (19,216事業中)
成果物アクセス数:90
更新日 : 2019年6月22日

注目度とは?

団体名 日本科学協会
団体名ふりがな にほんかがくきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥29,340,000
助成金額: ¥29,340,000
事業内容 国際海洋年(1998)を迎えるにあたり、海への依存度が高いわが国においては、その実績をより良く理解し、深刻な事態が予想される21世紀での全地球的な環境問題の解決に寄与することを目指さねばならない。そのために、複雑系研究の新しい視点である超領域科学のセンスをとり入れた海洋科学の立場から、水惑星の実態を明らかにするとともに、その成果を生活科学・生活文化のレベルで理解できるよう、地球的規模の視点からみる海洋科学としての啓蒙、普及に寄与することを目的に、本事業を実施した。
(1) 研究内容
 @ 本事業の調査研究は、科学研究の立場から厳密性をもって進め、目的意識として、水惑星の超領域的性格を一般の人々が理解し易い総説等をつくりあげるにあたり、下記の研究テーマに基づいて10名の研究者を委託し遂行した。
 A 研究課題
  「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究」
  (多角的視点をもつ海洋科学から見る水惑星)
  a.物理・化学関連システム
   (a) 地球外物質から探る
   (b) 水惑星成立のプロセス
   (c) 海水・大気の大循環−1〔渦流を中心に〕
   (d) 海水・大気の大循環−2〔組成を中心に〕
   (e) サンゴ礁環境の物理・化学
  b.生物関連システム
   (a) 地球型生命発現の環境
   (b) 水界から陸界へ−1〔植物を中心に〕
   (c) 水界から陸界へ−2〔動物を中心に〕
   (d) 海洋動物の多様性とその環境
   (e) 水陸インターフェイスの生態
成果物 「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究」の報告書
備考