日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

里山の管理指導者の養成及び里山保全プロジェクトの育成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:812位 (19,697事業中)
成果物アクセス数:8,765
更新日 : 2020年8月1日

注目度とは?

団体名 大阪自然環境保全協会
団体名ふりがな おおさかしぜんかんきょうほぜんきょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,400,000
助成金額: ¥6,400,000
事業内容 本事業は当協会の設立目的である「人と自然」、「都市と自然」との共存・共生に関する活動の実践的展開の一環であり、公益的自然保護事業活動の根幹をなすものである。本申請は「里山の保全と活用」に関する普及と啓発、及び指導者の養成並びにプロジェクトによる研究と市民ボランティアの育成を目的とするが、同時に我が国が提唱し、1987年に宣言した「持続可能な開発」の国際的普及をも視野に入れたものである。
(1) 里山管理指導者の養成
@ 実施内容
本講座は「里山の保全と活用」に関する活動の基本となるもので、農業構造の変化や人手不足などによって、荒廃のいちじるしい都市近郊の雑木林(里山)を再生、整備、活用するための指導者を養成することを目的とするものである。
マスメディアなどを通じて広く一般市民に呼びかけ、地元林業家を含む経験豊かな講師・指導者による講義(座学)と、実際の現場実習によって基礎的な技術の習得を行い、終了後の研修によって技術的にも高度な指導者を目ざした。年3回(初級・中級・上級)の講座と1年間(6〜10回)の現地研修を終えた者に修了証を授与し、指導者(リーダー)登録を行い、各種アクションプロジェクトを組織するなど、活動推進の場を提供する。また、優秀な指導者を「里山委員会」の推薦により、各地の自治体や団体、企業などの実施するイベント、事業活動へ派遣する。
A 実施日時
a.平成 9年 5月17日〜18日
b.平成 9年11月15日〜16日
c.平成10年 2月 7日〜 8日
B 実施場所
大阪府豊能郡能勢町宿野「大阪府立総合(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「里山管理ハンドブック」
「休耕田を利用した水生昆虫のビオトープの創造に関する研究」報告書
「里山管理指導者養成講座冬季講座(上級)」プログラム
「里山管理指導者養成講座秋季講座(中級)」プログラム
「里山管理指導者養成講座秋季講座(中級)」アンケート結果
「里山管理指導者養成講座秋季講座(初級)」アンケート結果
「里山の管理指導者の養成及び里山保全プロジェクトの育成」の報告書
備考