日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

自治体消防50年記念シンポジウムの開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,203位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:1,034
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 消防科学総合センター
団体名ふりがな しょうぼうかがくそうごうせんたー
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,964,000
助成金額: ¥11,964,000
事業内容 自治体消防50年に当たり、21世紀に向けて、これから予想される社会経済の変化、技術開発の進展なども考慮に入れながら、今後20年から30年を視野に入れた消防防災を普及、啓発をするために、シンポジウムを開催して、市民、自主防災組織、企業、地方公共団体の消防防災担当、ボランティア組織等が参加し、阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、消防防災体制の一層の充実強化を期するため、危機管理体制のあり方、情報収集体制のあり方、災害弱者対策、国際協力等の分野における今後の消防のあり方などについて広く議論を重ねた。
(1)シンポジウムの開催
  @ 開催日    平成9年7月29日
  A 会 場    大阪国際交流センター
  B 参加者数   1,100名
  C 開会のあいさつ
     自治省消防庁審議官 小林弘明
     大阪府知事 横山ノック
     大阪市長 磯村隆文
  D 記念講演   テーマ「21世紀型社会と消防防災」
           講 師  草柳大蔵(評論家)
  E パネルディスカッション
    テーマ「大震災の教訓を生かす」
    コーディネーター 伊藤和明(NHK解説委員)
             尾池和夫(京都大学大学院理学研究科教授)
             重川希志依((財)都市防災研究所主任研究員)
             田中久子(奥さま防災博士)
             廣井脩(東京大学社会情報研究所教授)
             室崎益輝(神戸大学工学部教授)
F(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 全国縦断シンポジウム(大阪会場)プログラム
全国縦断シンポジウム(大阪会場)講演録
「自治体消防50年記念シンポジウムの開催」の報告書
備考