日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

帆船パレード等の実施

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,467位 (20,269事業中)
成果物アクセス数:402
更新日 : 2021年10月23日

注目度とは?

団体名 沖縄観光コンベンションビューロー
団体名ふりがな おきなわかんこうこんべんしょんびゅーろー
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥12,000,000
助成金額: ¥12,000,000
事業内容 沖縄県は、環太平洋の要に位置し、「以舟楫為萬國之津梁」(大海を船で駆け巡り、世界のかけ橋となる)に象徴されているように、古くは14世紀末後半から、中国、東南アジアをはじめ近隣諸国との交流を盛んに行い、海洋王国として栄え、独自の文化を形成した。
 この度、環太平洋の優れた交流拠点としての本県が、大阪市が主催する世界帆船レース「SAIL OSAKA '97」の我が国における最初の寄港地及び第一レースのゴール地として選定され、世界各国からのレース参加帆船を歓迎するため、「世界帆船フェスティバルin沖縄」を開催した。
 本事業は、国民に対し広く海・船の知識を啓蒙するとともに、マリンスポーツの振興、帆船レース参加の若者との交流による青少年の人材育成、参加国と沖縄県との人的、文化的交流を通じての国際交流を目的として実施した。
 @ 入港歓迎式
  @ 日時 平成9年4月2日
  A 場所 那覇軍港
   a.ファーストフィニッシュ艇(エスケープワン)に対する歓迎挨拶
   b.記念品・花束贈呈
   c.琉球舞踊の披露
   d.乗員全員への記念品贈呈
   e.船長答礼
 A 帆船一般公開(見学会)(場所:那覇軍港岸壁)
  @ 日時 平成9年4月11日〜4月12日
  A 場所 那覇軍港岸壁
   a.対象帆船 : ABクラスの全帆船
   b.公開方法 : 岸壁に係留した帆船に見学者が乗船し、デッキ及び船内の一部を見学した。
   c.参加人員 : 150,000人(2日間)
 B 世界セーラーマンパレード(乗員市内パレ(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「帆船パレード等の実施」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。