日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

小型船造船業の近代化促進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,717位 (20,909事業中)
成果物アクセス数:2,720
更新日 : 2022年11月26日

注目度とは?

団体名 日本小型船舶工業会
団体名ふりがな にほんこがたせんぱくこうぎょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥19,005,000
助成金額: ¥19,005,000
事業内容 小型船造船業は、全般的にはこれまでの厳しい状況を脱しつつあるものの、未だ、過当競争による安値受注体質、経営管理の不徹底等の問題を克服するには至っていない。
 また、わが国国際漁業に対する操業規制の強化により、漁船の構造的な低迷状況が続くと見込まれており、小型船造船事業者の経営状態は極めて厳しいものとなっている。
 特に、急速に高まった規制緩和の動き等、企業環境の激変による小型船舶の需要の減少に対応するため建造能力の削減を積極的に推し進める必要に迫られるに至った。
 こうした状況の中で、小型船造船業がその内包する問題を克服し、国民経済の向上、地域経済の振興に貢献していくためには、経営、設備等の近代化を促進し、経営基盤の強化を図ることを目的に以下の事業を実施した。
 本年度は、平成5年度から実施中の第4次構造改善計画における個々の造船事業者の取組を構造改善実施報告書にとりまとめる作業を行うとともに、労働災害事故防止、経営多角化促進等の事業を実施した。
 @ 構造改善実施報告書概要の作成
   各地方小船工が作成した構造改善実施報告書をとりまとめた。
  a.規 格  オフセットA4判 31頁
  b.部 数  250部
  c.配布先  運輸省外関係機関
 A 構造改善実施報告書の作成
   各地方小船工において、構造改善実施報告書を作成した(各地方小船工に委託して実施)報告書オフセットA4判  960部(10地区配布累計)
B 経営多角化促進事業の実施
   観光旅客船などの市場の拡充を促進し、企業の維持発 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 小型船造船業の実態調査報告書
小型船造船業の構造改善計画実施報告書概要
「小型船造船業の近代化促進」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。