日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

小型造船技術講習

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,532位 (20,909事業中)
成果物アクセス数:3,563
更新日 : 2022年11月26日

注目度とは?

団体名 日本小型船舶工業会
団体名ふりがな にほんこがたせんぱくこうぎょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,211,000
助成金額: ¥11,211,000
事業内容 小型船造船事業者が、先端技術の急速な進歩を背景とした技術革新の進展と船舶需要の多用化及び技術者の高齢化に伴う厳しい環境変化の中で活性化を図るためには、優秀な技術者の確保と技術者の資質の向上が必要不可欠である。
 しかしながら、当業会は、大部分が小規模企業であり、技術者の確保及びそれを支える経営基盤は脆弱なものに止まっており、また、自力での研修育成が困難な状況にある。
 このため、本事業において、業界のニーズに適合した造船技術に関する基礎理論、応用知識及び専門技術について各種指導講習を実施し、技術力の涵養に努め、適応能力のある技術者を養成することによって、小型船造船業の適正な技術水準を維持するとともに生産性の向上に寄与するため以下の事業を実施した。
@ 技術指導講習
  @ 指導講習会
   a.FRP船建造技術講習会
    a 実施場所  長崎県北松浦郡鹿町町
      実施日程  10月23日〜24日(2日間)
      受講者数  22名
      担当講師  中嶋貞和(ヤンマーディゼル?梶@特機事業本部開発部 受注設計主幹)
            伊藤 仁(アイ・エイチ・アイ・クラフト?梶@技術部 部長)
            金原 勲(東京大学大学院 工学系研究科 船舶海洋工学専攻教授)
      指導内容  FRP船の振動・騒音の基本的な考え方と対策について
            FRP船建造技術について
            新素材の特性と新成形法の適用可能性
    b 実施場 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 平成9年度通信教育 造船科講座のしおり
スクーリング(面接指導)の実施要領
通信教育造船科講座正解集
「小型造船技術講習」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。