日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

生命エネルギーの工学的応用に係る調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:792位 (19,185事業中)
成果物アクセス数:8,507
更新日 : 2019年5月25日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,185,000
助成金額: ¥11,185,000
事業内容 (1) 21世紀のエネルギー問題
  現在のエネルギー問題について内外の状況を把握し、その問題意識、及び21世紀に向けての課題点等について取りまとめた。
(2) マイクロイノベーションによる技術革新
  マイクロイノベーションによる技術革新の在り方と方向性について検討した。
(3) 進化に見る生命のエネルギー戦略
  生命のエネルギーシステムについて文献検索し、内外の文献を収集した。また、「分子機械」、「光合成」、「バイオミメティックス」、「アナロジー思考」、「パターンダイナミクス」、「エネルギー開発」に関して専門家による講演会を開催した。
  これらの情報に基づいて、べん毛モーターをはじめとする主要な構成要素について情報を整理し、「エネルギー利用」、「エネルギー蓄積」、「エネルギー変換」、「システム化技術」の各分野ごとのエネルギー戦略について解析シートに取りまとめた。
(4) 新エネルギーコンセプト(L(Life)−エナジェティクス)
  21世紀のエネルギー問題に対処するために、生命のエネルギー原理に学んだエネルギー革新の方向性について調査を行った。エネルギー技術の立場から生命のエネルギー利用を見直し、人類のエネルギー変換技術に役立つような新エネルギーコンセプト「L(Life)−エナジェティクス」と呼び、その応用について考察した。
(5) 委員会等の開催
 @ 委員会(3回開催)
   開催日および主な審議事項
   〇第1回 平成8年5月31日(金)
    ・平成8年度事業計画
    ・平成8年度事業実施計画(案)
   〇第2回 平成8年10月18日(金)
(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 平成8年度生命エネルギーの工学的応用に係る調査研究報告書
「生命エネルギーの工学的応用に係る調査研究」の報告書
備考