日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

マリンサイエンス・スクールの開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,515位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:2,745
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海洋研究開発機構
団体名ふりがな かいようけんきゅうかいはつきこう
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,496,000
助成金額: ¥9,496,000
事業内容 (1) マリンサイエンス・スクールの開催
  開催準備 − 本年度は、北海道地区の高校教諭と高校生を対象に実施するため、当センターの担当部署である企画部研修室の竹内久美室長と大嶋真司指導員が所轄の教育委員会を訪問し、本企画の概要説明を行い、実施に関しての承諾を得た。
 @ 高校生のためのマリンサイエンス・スクール
  a.募 集   募集要項を作成し、道内の全高校(338校)の学校長及び理科主任宛に上記の募集要項を送付した。
  b.参加者決定 上記の募集に対して48名からの応募があり、日本財団との調整により、参加人数を20名から25名に増やして実施することに決定。
  c.資料作成  参加にあたっての詳細説明などを記した「参加者のしおり」及び当スクール期間中に使用する「テキスト」を作成し、事前に参加者全員に送付した。
  d.開 催   3月25日〜3月28日に開催。25名の高校生(男子8名、女子17名)に対して、当センター研究者による講義や実習等を実施した。
  e.結果集約  参加者に依頼したアンケートにより、結果を集約した。
 A 高校教諭のためのマリンサイエンス・スクール
  a.募 集   募集要項を作成し、道内の全高校(338校)の学校長及び理科主任宛に上記の募集要項を送付した。
  b.参加者決定 上記の募集に対して24名からの応募があり、日本財団との調整により、参加人数を20名から24名に増やして実施することにしたが、後日1名が都合によりキャンセルしたため、23名で実施した。
  c.資料作成  参加にあたっての詳細説明などを記した「参加者のしおり」(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 マリンサイエンススクール1996報告書
「マリンサイエンス・スクールの開催」の報告書
備考