日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

小型舟艇の普及活動

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,678位 (20,483事業中)
成果物アクセス数:108
更新日 : 2022年5月14日

注目度とは?

団体名 日本マリーナ・ビーチ協会
団体名ふりがな にほんまりーなびーちきょうかい
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥15,600,000
助成金額: ¥15,600,000
事業内容 モーターボート又はセールボートヘの乗船及び説明会
(1)テ  ー  マ   海と友だち・海をきれいに
(2)開 催 場 所   協会傘下の78マリーナで開催
(3)開催回数及び日数  期間中 1マリーナ2回以上開催
(4)内     容
@ 説 明 会  期間中 1マリーナ1回開催につき1時間の説明会を実施した。
A 乗船時間割
a.モーターボート乗船  期間中 1マリーナ1回開催につき最低50分単位で3稼働以上実施した。
b.セールボート乗船   期問中 1マリーナ1回開催につき最低50分単位で3稼働以上実施した。
B 参加者記念品の作成、配布
 参加者記念品としてTシャツ6,000着(1マリーナ平均75着)を作成し、マリーンウィークに参加した小・中学生を主体に配布した。
C ポスターの作製、配布
 マリーンウィーク開催の周知ポスター1,460枚を作製し、開催マリーナ960枚(1マリーナ14枚)及び非開催マリーナ、関連団体等500枚(平均各2枚)を配布し適宜提示した。
D 指導、啓蒙用パンフレットの作製、配布
 指導、啓蒙用のパンフレット8,800部を作製し、マリーンウィーク参加者への説明会テキスト用5,840部及び一般利用者の指導、啓蒙用として2,960部を会員マリーナ等に配布した。
(5)講師人数
1マリーナにつき  a.説明会講義講師  1人
b.乗船指導員    2人
(6)参加人数
 1マリーナ48名の計画に対し、相当上回る平均61名が参加された。
 また、延べ参加者は4,793名であった。
成果物 「小型舟艇の普及活動」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。