日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海外における船用機器等の検査に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,897位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:111
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,998,000
助成金額: ¥2,998,000
事業内容 (1)概 要
 規制緩和等により最近、外国から我が国へ舶用機器等の流入の機運が増加している。一方、社会的な要望により規制緩和の流れ等を受けて、我が国の船用機器等に係わる検査制度の見直し検討が進められている。
 今後の見直し改正により検査制度及び運用に大きな変更があった場合、当会の関係事業場の存続に係る大きな影響を与えることが予測される。諸外国の検査、型式制度等に関する情報を収集し、これらを調査研究し、今後の対応に備える必要があり、これらにつき継続的(3カ年計画)に調査を行う。
 初年度(平成7年度)は、フィンランド、スウェーデン、オランダ、ドイツ及びフランスの各国における船用機器等の検査、型式制度、CEマーキング等を調査し、我が国の船用機器等の検査並びに品質管理等に派生する諸問題を摘出し、会員企業の将来の品質管理の向上、経営基盤の安定・強化を計るに必要な対応資料の提供を行う。
(2)調査対象地域及び事業場
 本年度は、当会会員並びに関係団体等が関心の高かったフィンランド、スウェーデン、オランダ、ドイツ及びフランスの政府機関、試験(検査)機関並びに製造事業場等である次の事業場、政府機関等を調査対象とした。
国名 社名及び所在地等 備考
フィンランド Kvaerner Masa−Yards Inc.(クバーナ・マサヤード)
Helsinki Newship Yard
Munksaarenkatu 1
P.0.Box 132
FIN−00151 Helsinki,Finland
Tel:+358−0−19442243
Fa (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海外における船用機器等の検査に関する調査研究」の報告書
備考