日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

極東海域の海洋汚染防止国際協力に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,925位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:152
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,511,000
助成金額: ¥3,511,000
事業内容 近年に発生している大型タンカーの油流出事故は、いずれも一国で事故による流出油を処理することができず近隣の複数国との協力によって対応しているのが現状である。アセアン海域においてはアセアン6か国の地域国際協力体制の構築がOSPAR計画のもとに平成5年5月に合意に至り、民間の支援等により実施されたことはIMOの場においても高く評価されている。アジアにおける先駆的な立場にあるわが国が主要な海上交通路を中心とする極東海域の海洋環境保護のために積極的に取り組んでいくことが地球環境保全のためにも重要であると思われる。
 こうした情勢を踏まえ、極東海域における関係国の海洋汚染防止に関する流出油防除能力について調査するとともに関連の国際プロジェクトに関する調査を行い、地域内当時国間の国際協力体制を促進することを目的として実施した。
(1) 調査の方法
@ 現地調査
a. インドネシア、フィリピン両国へ調査員2名を派遣して、スラウェジ海域及びマカッサル海峡における地域流出油防除能力の調査を行った。
b. 上記関連プロジェクトであるOSPAR計画により、両国に供与された油防除資機材及び情報ネットワークシステムに関して、その後の状況を把握することにポイントを置いた調査を行った。
c. アンダマン海峡及びマラッカ海峡における地域流出油防除能力の調査を実施した。
A 関係プロジェクト調査
 政府が推進する「極東ブルーマリン計画」、IMO/UNEPが計画中の「北西太平洋海域流出油防除対応計画」に関する調査及び資料の収集を行った。

(2) 調査の項目及び内容
@ タイ・ミャンマー現地調査
 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「極東海域の海洋汚染防止国際協力に関する調査研究」の報告書
備考