日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

貿易手続簡易化推進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,466位 (19,302事業中)
成果物アクセス数:128
更新日 : 2019年11月9日

注目度とは?

団体名 日本貿易関係手続簡易化協会
団体名ふりがな にほんぼうえきかんけいてつづきかんいかきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,500,000
助成金額: ¥4,500,000
事業内容 (1) 貿易手続におけるEDI標準協定書に関する調査研究
 国連ECE/WP.4(欧州経済委員会/貿易手続簡易化作業部会)が開発・普及に努めているUN/EDIFACTによる貿易関係取引をわが国の実情に即した形で導入するため、貿易関係手続きのEDI化に関する法律上の問題点について調査・研究を行い、EDIによるデータ交換を行う場合に必要となる「EDI標準協定書」について調査・研究を行った。
 具体的には、国連ECE/WP.4の法律問題ラポーターから提示された「DRAFT INTERCHANGE AGREEMENT」及び「THE DRAFT UN/ECE INTERNATIONAL AGREEMENT COMMENTARY」について、わが国貿易関係業界における業務処理の現状等からみてどのような意見を反映させていくべきかについて検討を行い、これらの「DRAFT」に係る意見、疑問点等を「COMMENTS」の形に整理したうえで、法律問題ラポーターに提出した。

(2) 諸外国におけるEDI化の動向に関する調査・研究
 諸外国においては、コンピュータ利用の進展に伴い、貿易関係諸手続きを従来の書類中心のものからEDI(電子データ交換)に切替え、事務処理の簡素化、合理化を図ろうとする取り組みが鋭意進められ、EDI化に適合させるための環境整備・標準化の検討が行われている。
 わが国としても、諸外国におけるEDI化の動向、貿易手続きの簡易化・標準化への検討・取り組みの結果等を参考にし、わが国の実務に即した形でEDI化を進め、貿易手続きに係る事務処理の簡易化・標準化を図る必要があるので、諸外国におけるEDI化の動向に関する調査・研究を進めた。
 貿易関係手続きのEDI化への取り組みは、APEC(アジア太平洋経済協力会議)参加国(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「貿易手続簡易化推進」の報告書
備考