日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

小型船舶の安全確保

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,101位 (19,185事業中)
成果物アクセス数:223
更新日 : 2019年5月25日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1989年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥14,253,000
助成金額: ¥14,253,000
事業内容 (1) 教育活動
 東京湾、伊勢湾、大阪湾及び瀬戸内海を中心に、プレジャーボートのオーナー、ユーザー等の関係者を対象に、安全講習会を次のとおり26個所(参加人員1,289名)において実施した。
@ 関東地区安全講習会
a. 横須賀
(a) 開催年月日:平成1年4月9日
(b) 開催場所 :マリンポート・コーチャー
(c) 講師及び演題
イ. 第三管区海上保安本部灯台部監理係長  笠  明
新しい航路標識について
ロ. 横須賀海上保安部           佐藤守雄
危険海面について
(d) 参加人員:80名
b. 横浜
(a) 開催年月日:平成1年4月30日
(b) 開催場所 :三菱横浜ドックヤード
(c) 講師及び演題
イ. 横浜海上保安部警備救難課救難係長  東野省司
東京湾内の航法について
ロ. 横浜海上保安部           山口弘司
海難事例について
(d) 参加人員:80名
c. 木更津
(a) 開催年月日:平成1年5月20日
(b) 開催場所 :セントラルボート
(c) 講師及び演題
イ. 千葉海上保安部航行安全課長  一藁 勝
東京湾内の航法について
ロ. 気象協会           重田貞久
気象海象について
(d) 参加人員:32名
d. 下田
(a) 開催年月日:平成1年6月9日
(b) 開催場所 :伊豆急マリン
(c) 講師及び演題
イ. 下田海上保安部警備救難課長  佐藤要一
伊豆海岸の航法について
ロ. 第三管区海上保安本部     向田昌幸
プレジャーボート等の海難について
(d) 参加人員:43名
e. 東京
(a) 開催年月日:平成1年8月2日
(b) 開催場所 :小型船舶安全指導会
(c) 講師及び演題 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「小型船舶の安全確保」の報告書
備考