日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海外における海洋科学技術情報の収集

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,072位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:447
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海洋研究開発機構
団体名ふりがな かいようけんきゅうかいはつきこう
年度 1988年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,300,000
助成金額: ¥4,300,000
事業内容 (1) 海洋開発関連の国際会議・展示会への出席
@ OTC'88調査について
a. 派遣した職員の氏名
企画室企画課  係長  山西 恒義
b. OTC'88の概要
(a) 期間     1988年5月2日(月)〜5月5日(木)
(b) 場所     ヒューストン(アストロホール)
(c) 論文発表会  46のセッション、約259件の論文が発表された。
そのうち日本からの論文発表は2論文あった。
(d) 展示     約1,300社
c. 海洋開発関連機関の調査内容
(a) 米国地質調査所、太平洋海洋地質調査所
 米国を代表する地質調査機関である。今回の訪問ではコバルト・リッチ・クラスト探査、開発有望海域、開発に必要な条件等について調査した。
(b) 内務省鉱物管理局国際戦略鉱物室
 主に石油・天然ガス開発を対象とした陸上・海洋の鉱区リース及び生産のための政策・法律等の立案に関する全権限を有するとともに、海洋及び陸上の鉱物・鉱区リース料の管理を行っており、また一貫した外縁大陸棚における資源開発の管理を行っている。
 今回の訪問では、最近の法制の整備作業状況、特に、コバルト・リッチ・クラストの開発に関する環境影響評価の作成状況について調査した。
(c) International Maritime Inc.及びPort of Los Angeles
 大規模な埋め立て式の人工島の造成を含む紀元2020年までの長期計画に基づき、ウォターフロントの再開発を行おうとしている。
 ここでは、この計画の概要を調査した。
(d) スクリップス海洋科学技術センター研究所
 カリフォルニア大学の海洋学部門として、海洋科学の調査研究を実施している。
 今回の訪問では (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
備考