日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船協力事業者に対する近代化促進調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,821位 (19,233事業中)
成果物アクセス数:113
更新日 : 2019年7月20日

注目度とは?

団体名 日本造船協力事業者団体連合会
団体名ふりがな にほんぞうせんきょうりょくじぎょうしゃだんたいれんごうかい
年度 1988年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,481,000
助成金額: ¥3,481,000
事業内容 (1) 情報ネットワークの調査・研究
 会員相互の協力体制の確立を図る為、造船業界及び各企業の基礎情報の収集、今後の協力事業者の情報化の方針の検討を行い、また、将来的に有効なネットワークを研究し、情報リスト及び報告書を作成した。
@ アンケート調査
 委員会にて各企業のインプットデーター項目、表現方法の統一等を検討し、調査表原案を作成し、修正を加えたのち配布調査した。
a. 基礎データー調査表(A)の作成
(a) 規格   B5判 13頁
(b) 部数   1,700部
(c) 内容   営業内容の表現方法の統一
職種内容・分類の方法及び人数
設備能力を含めた技術力の明記方法
過去の売上高実績等
(d) 配布先  所属会員企業
b. ネットワーク調査表(B)の作成
(a) 規格   B5判 10頁
(b) 部数   1,700部
(c) 内容   企業の応援能力、応援要望頻度、企業の技術力の明確化等情報項目等について調査を行った。
(d) 配布先  所属会員企業
A 周知説明会
 調査表A、Bの原案に基づき主旨の徹底を図る為各地区ごとに今後の方針、記入の方法、要望事項等についての説明会を開催した。
a. 開催場所  東京 6月22日 石川島播磨重工業 東京寮 21名
大阪 6月23日 東洋ホテル        12名
長崎 6月24日 伊勢の宮会館       10名
広島 6月29日 広島ガーデンパレス    13名
b. 実施回数  各 1回、 計 4回
c. 参加者   各会員担当者 延56名
B 現地調査
 回収した調査表A、Bに基づき、記入漏れ及び不明点の確認、また、回収率向上の為、未提出企業に対し (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「造船協力事業者に対する近代化促進調査」の報告書
備考