日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

消防科学に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,181位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:141
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 消防科学総合センター
団体名ふりがな しょうぼうかがくそうごうせんたー
年度 1988年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,421,000
助成金額: ¥9,421,000
事業内容 1. 防災情報の伝達機能強化方策に関する調査研究
(1) 研究内容
 地震、風水害等の大規模災害時に応急対策活動を行い、被害の軽減を図るため、行政機関と住民の間、行政機関相互間の災害情報、防災情報の伝達について、近年の災害事例に即した分析検討を行い、ハード及びソフトの両面を含めたシステムの機能強化方策の調査研究を行う。
(2) 研究方法
 本研究は、消防行政関係職員、学識経験者及び関連団体からなる「防災情報の伝達機能強化方策に関する調査研究委員会及び幹事会」を設置してすすめた。
(3) 報告書の作成及び配布
 研究委員会及び幹事会において、その結果として報告書をまとめ、A4版により400部を作成して、都道府県及び市町村等へ配布した。
2. 電気火災調査のための知識ベースに関する調査研究
(1) 研究内容
 火災原因調査においては、豊富な知識と経験が必要であり、特に電気火災では、電気機器の構造・配線等の専門知識も要求されるとともに、原因調査も困難であり、多大の時間を要するため、電気火災調査の知識を収集整理し調査の効率化・迅速化を支援する知識ベースの作成の調査研究を行う。
(2) 研究方法
 本研究は、消防機関関係者、学識経験者、関連会社からなる「電気火災調査のための知識ベースに関する調査研究委員会」を設置してすすめた。
(3) 報告書の作成及び配布
 研究委員会において、その成果として報告書をまとめ、A4版により300部を作成して都道府県及び消防本部等へ配布した。
成果物 「消防科学に関する調査研究」の報告書
備考