日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船用品の整備技術に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,388位 (19,198事業中)
成果物アクセス数:97
更新日 : 2019年6月8日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 1986年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,086,000
助成金額: ¥6,086,000
事業内容 (1) 膨脹式救命いかだの漏洩試験に関する調査研究
 (船用品の整備技術に関する調査研究)
@ 概要
 船用品の安全に関する制度等の国際化に伴い、膨脹式救命いかだの漏洩試験の方法について、わが国と諸外国の間における基準の相違について検討し、整合性を図る必要がある。
 このため膨脹式救命いかだの漏洩試験を実施し、その結果を解析して漏洩試験時間を国際水準並に短縮する方法のための基礎資料を得た。
A 供試品の収集
 供試品は甲種膨脹式救命いかだをメーカーごと、経年別に4個計16個を収集した。
経年
メーカー 新品 4〜7年 8〜11年 12〜15年 計
A 1 1 1 1 4
B 1 1 1 1 4
C 1 1 1 1 4
D 1 1 1 1 4


B 試験項目
 漏洩試験における漏洩度の経時変化を把握するため、次の試験を行った。
a. 主気室の使用圧力試験
 主気室の内圧を使用圧力(D社130mmHg、その他の社は120mmHg)になるまで空気で膨脹させ、1時間の予備試験(この間10分ごとに内圧を測定)と4時間の本試験(この間30分ごとに内圧を測定)を行う。
b. 主気室の一定圧力試験
 主気室の内圧を100mmHgになるまで空気で膨脹させ、使用圧力試験の要領により予備試験及び本試験を行なう。
c. 味気室の設計圧力試験
 味気室の内圧を設計圧力(30mmHg)になるまで膨脹させ、主気室の使用圧力試験の要領により予備試験及び本試験を行なう。
C 試験結果及び考察
 試験の結果を検討し、次の結論を得た。
a. 主気室の本試験の試験圧力は、現行の100mmHgより漏洩の有無が顕著に表われる使用圧力とする。
b. 試験時間は、漏洩の著しいものは主気室 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船用品の整備技術に関する調査研究」の報告書
備考