日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

消防情報処理技術の研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,385位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:97
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 消防科学総合センター
団体名ふりがな しょうぼうかがくそうごうせんたー
年度 1986年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,927,000
助成金額: ¥11,927,000
事業内容 A 情報伝達システムの設計に関する調査研究
(1) 研究内容
@ 現状分析
 地域防災業務についてのシステム化ニーズ調査及びヒアリング調査を行い、地域的な防災情報システムの対象となる社会的ニーズや防災業務の流れなどを整理した。
 また一方、コンピュータが得意とする「データの繰り返し利用」「大量かつ複雑な処理」「システム化の可能性」等の観点から、コンピュータ導入対象業務を絞り込み、業務間データの流れを整理し、現状分析を行った。
A 概念設計
 システムの全体イメージで表現された全システムを実現することは、経費的に、あるいは運用体制からみて困難であるため、短期、中期、将来構想とに分けて、前項の現状分析に基づくシステム構築の手順を検討した。
B 基本設計
 この段階では、システム化対象業務に属する作業項目、使用データを概括的に整理することにより作業間のデータの流れを整理した。
 さらに、本システムにおけるシステムの構成(情報の格納・検索方法、コンピュータの使用機種及び基本ソフトウェア)及びデータの構造、システムの機能、各種防災情報の評価方法等の検討を行った。
C パイロットシステムの作成
 代表的な業務処理手順に即して、パイロットシステムの処理手順の一部を作成することにより、パイロットシステムの内容を検討し、システム化のイメージを明確にした。
 また、合わせてシステム導入手順について具体的な考察を行った。
D 問題点と今後の課題の検討
 パイロットシステムの検討結果等を受けて、問題点と今後の課題の検討を行った。
(2) 研究方法
 本研究は、(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「消防情報処理技術の研究開発」の報告書
備考