日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

運輸に関する広報・研修等

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,746位 (19,624事業中)
成果物アクセス数:75
更新日 : 2020年5月30日

注目度とは?

団体名 運輸振興協会
団体名ふりがな うんゆしんこうきょうかい
年度 1984年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,029,000
助成金額: ¥7,029,000
事業内容 @ 運輸広報(運輸広報冊子の作成配布)
(イ) 記事内容     運輸交通に関する諸知識を、主要テーマごとに分冊、記述した。(No.11 船・No.12 航空機)
(ロ) 発行回数・部数   年2回×33,000部
(ハ) 発行物の体裁   全書版(105ミリ×182ミリ) No.11-26頁、
No.12-32頁
(ニ) 配布先      全国の中学校(約10,800校)に各3冊配布
A 運輸現業安全研修
(イ) 内容    港湾建設現業における安全、事故防止に関する講義及び実習
(ロ) 受講者   受託事業者所属の従業員(150名)
(ハ) 講師    運輸省及び労働省の職員並びに学識経験者
(ニ) 実施場所  新潟(第一港湾建設局)及び名古屋(第五港湾建設局)
(ホ) 開催期日  新潟   昭和59年10月30・31日
名古屋  昭和59年7月27日
B 公共輸送機関利用者保護
(イ) 内容     公共輸送機関に対する利用者の意見を吸い上げ、運輸行政の施策等に反映させる。
(ロ) 推進員    当協会が運輸行政経験者又はこれに準ずる者に委嘱。
(全局で約300名)
(ハ) 情報提供   推進員は、利用者の声を海運局又は陸運局に提供した。
(ニ) 推進員会議  推進員は年2回海運局又は陸運局と推進員会議を行った。
成果物 「運輸に関する広報・研修等」の報告書
備考