日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋科学技術に関する海外情報収集

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,149位 (19,314事業中)
成果物アクセス数:224
更新日 : 2019年12月14日

注目度とは?

団体名 海洋研究開発機構
団体名ふりがな かいようけんきゅうかいはつきこう
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,982,000
助成金額: ¥4,982,000
事業内容 (1) 海洋開発関連の国際会議・展示会への出席
@ OTC'83(Offshore Technology Conference)への出席
a. 開催期間  4日間(58.5.2〜5.5)
b. 開催場所  米国(ヒューストン)
c. 派遣人員  役員1名、職員1名、計2名
d. 会議及び調査内容
(a) OTC'83会議
39セッション、190論文の発表があった。
(b) 同展示会
出展社数    約 2,500社
参加登録者数   59,984名
(c) 海洋開発関連機関等の訪問調査
イ. Perry Oceanographic,INC
有人潜水船、ダイビング・システム、無人探査機等の建造
ロ. Harbar Branch Foundation,INC
沿岸域の科学調査研究、研究用機器システムの開発
ハ. Naval Academy
波力エネルギーの研究開発、その他海洋科学技術に関する研究開発
ニ. Jet Propulsion Laboratory
リモートセンシング技術の研究開発
ホ. EXXON Hond Platform
海洋石油生産設備
A OCEANS'83への出席
a. 開催期間  4日間(58.8.29〜8.31)
b. 開催場所  米国(サンフランシスコ)
c. 派遣人員  役員1名、職員1名、計2名
d. 会議及び調査内容
(a) OCEANS'83会議
10セッション、約230論文、参加者約1,000名
(b) 同展示会
出展社数  約120社
(c) 海洋開発関連機関等の訪問調査
イ. Glomar Explorer号視察(米国)
深海底掘削作業船
ロ. International Submarine Engineering社(カナダ)
無人探査機の建造
ハ. JMR Instruments CANADA社(カナダ)
航海計器等の製作
ニ. Arctec CANADA社(カナダ)
氷海域用船舶等の開発
ホ. Dome Petroleum社(カナダ)
氷海域の海洋石油開発
(d) 米国 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海洋科学技術に関する海外情報収集」の報告書
備考