日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

観光レクリエーション総合調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,835位 (19,777事業中)
成果物アクセス数:131
更新日 : 2021年1月16日

注目度とは?

団体名 日本観光振興協会
団体名ふりがな にほんかんこうしんこうきょうかい
年度 1983年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,566,000
助成金額: ¥16,566,000
事業内容 (1) 事業計画の内容
A 大都市住民の観光レクリェーション(第7回)調査
 昭和45年よりほぼ隔年に実施しているもので、東京、大阪の各大都市圏住民の下記1)の@、A、C、及び全国民の下記1)のBを明らかにする質問調査。
1) 調査内容
@ 過去1年間の日帰り観光レクリエーションの質的実態
A 過去1年間の宿泊観光レクリエーションの実態
B 過去6ヵ月間の日帰り観光レクリエーションの量的実態
2) 調査方法
留置調査(@、A、C)及びオムニバス調査(B)
3) 調査対象及び対象数
 東京、大阪各大都市圏に住む15歳以上の男女個人(3,500人)
 (@、A、C)及び全国20歳以上の男女個人(2,000人)(B)
B 観光需要の時系列分析
 国民の観光レクリエーション活動に関する既存データの分析と関連資料との関係の分析等、昭和57年度調査結果を踏まえて、今後の動向に影響を与えると考えられる経済、社会、生活等の要因との関係を時系列的に分析した。
1) 調査内容
@ 経済関連要因との関係分析
(要因の例:所得、第3次産業生産額)
A 社会関連要因との関係分析
(要因の例:乗用車需要量、余暇時間量)
B 生活関連要因との関係分析
(要因の例:スポーツ用品販売額、ホビー用品販売額、新聞書籍販売額)
2) 調査方法
 観光需要及び経済、社会、生活の各関連既存資科の分析
C 観光地活性化のための観光地づくりの手法の研究
 近年の観光需要の質的、量的な変容に対し、観光地や観光事業者はその対処に混迷を深めている。これに対処して観光地を活性化するためには対症療法的な対応ではなく的確に将来を見通した観光地づ(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「観光レクリエーション総合調査」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。