日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

物件の品質改善並びに向上に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,791位 (19,216事業中)
成果物アクセス数:114
更新日 : 2019年6月22日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 1981年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,752,000
助成金額: ¥11,752,000
事業内容 (1) 新材料の利用技術研究(高分子材料の船舶用品への適応性に関する調査研究)
@ ポリエステルに関する資料収集、解析
 各種文献、図書等より不飽和ポリエステルに関し、次の項目について一般特性、船舶用品への適応性等について調査を行った。
a 不飽和ポリエステル樹脂の特長
b 不飽和ポリエステル樹脂の種類
c 不飽和ポリエステルの一般特性(性状、比重、粘度、硬化特性、注形品の性能、ポリエステルFRPの特性)
d 不飽和ポリエステルの成形加工法
e 不飽和ポリエステル樹脂の用途
f 不飽和ポリエステル樹脂の船舶用品への適応性(機械的性質、成形法、耐薬品性、耐候性、船舶用としての実用状況等)
 上記の結果、不飽和ポリエステル樹脂は金属材料と比し、その性状において優れた点が多く、また、製造加工、修理の容易性から、船舶用への利用が大いに期待されることが明確にされた。
A ポリエステル素材、同製品の試験方法の検討
 上記ポリエステル樹脂の基礎調査により、同素材の性状及び同製品の加工法から強度試験、耐候試験、耐薬品試験、耐熱試験等の基本的考え方が確立し、次年度における試作品の試験万法策定の資料を得た。
B ポリアミド樹脂製シーブの試作及び試験
a 供試品
(試作品) ポリアミド樹脂製シーブ(成形品を切削加工)
(現用品) 船用切欠き滑車WH260(材質FC20)
b 試験項目及び内容
(a) 荷重試験 (試作シーブ2個を24m/m麻ロープでつなぎ、3トン荷重で5分間継続引張る。)
(b) 疲労試験 (現用品の使用荷重500kgを加え、3種類の温度条件で、2,000回のくりかえし荷重(回転)試験を実施)(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「物件の品質改善並びに向上に関する調査研究」の報告書
備考